MENU

BANZAIマガジン第20号(ロンメルがゴーグルを拾うとき)

記事一覧

付録ゲーム: ロンメルがゴーグルを拾うとき

  • ヒストリカル・ノート: コンパス作戦とゾネンブルーメ作戦
  • ロンメルファクターと補給 あるいは、補給どアホウ戦車戦
  • 将帥の視野: ノー・リトリート2

特集: このシミュゲがすごい!! 2024

  • Plantagenet: Cousins’ War for England, 1459 – 1485
  • Europa Universalis: The Price of Power
  • Fire & Stone: Siege of Vienna 1683
  • 志士の時代(新版)
  • Eagles in the Sky
  • Pacific War: The Struggle Against Japan, 1941-1945
  • Battles in the East 1: Sandomierz Offensive and Bagration Stopped
  • Strike-Counter Strike, 4th Armored Division vs Panzer Lehr along the Saar
  • Second Fallujah
  • 対台湾特別軍事作戦202X
  • Littoral Commander: Indo-Pacific
  • Star Blazers: A Solitaire Game of the Quest for Iskandar

コラム・連載:

  • WORLD WIDE WARGAME NEWS
  • 「楽園」への強襲ガイドブック
  • ボンバ百名山を征く
  • 地雷ゲーム処理 ハート・ロッカー恍惚日記
  • もっと非情の海: コルベット艦航海日誌
  • 『ナポレオン1815: ワーテルロー』でナポレオニック入門
  • 岸田恋の <TALK WAR FILM: ダンケルク
  • このMAPのあちら側
  • バックナンバーのお知らせ
  • ペロ軍曹の飲まずに(やらずに)死ねるか!

BANZAIマガジン第20号: 2024年2月20日発行
3,960円(税込み)※掲載記事情報は表紙下「掲載記事」の▼をクリック

付録ゲーム: ロンメルがゴーグルを拾うとき

『ロンメルがゴーグルを拾うとき』は北アフリカ戦線を舞台に1940年12月にイギリス軍のオコーナーが行ったコンパス作戦から、41年3月に北アフリカに到着したドイツ軍のロンメルが行ったゾネンブルーメ作戦までをシミュレートしたゲームです。1人がイギリス軍、もう1人が枢軸軍(イタリア軍とドイツ軍)を受け持ち勝敗を争います。

初期の北アフリカ戦線の流動的な機動戦と補給の問題が簡易なルールで表されています。序盤はイギリス軍が圧倒的に優勢でイタリア軍の局地的な抵抗を意に介さず猛進撃しますが、ドイツ軍が登場すると今度は一気に枢軸軍が有利になります。「戦略フェイズ」で次の展開を予測し作戦を計画をすることが勝利への鍵となります。

ロンメルがトレードーマークのゴーグルを手に入れるのか、それともオコーナーが捕虜になる運命を免れるかはプレイヤーの決断にかかっています。

ゲームのスケール:

  • ユニット=大隊/連隊/旅団/師団
  • ターン=約2週間
  • ヘクス=10 km

コンポーネント

  • 本誌: A4判フルカラー80ページ
  • マップ: A1判変形(840ミリ×297ミリ)
  • カウンター: 15ミリ角99個
  • ルールブック: A4判フルカラー12ページ
  • 戦術管理シート: A4判2枚

※本商品はイエローサブマリン様の各店舗、ボードウォーク様クロノノーツゲーム様、または通信販売でもお買い求めいただけます。

ルールその他のダウンロード・訂正・Q&A

  • ルールブック(PDF)2024年2月1日公開
  • ルールの訂正とQ&A
  • VASSALモジュール(準備中)

スマートフォン用壁紙(壁紙以外の用途はお控えください)

ルールに関するご質問がある場合は、右の▼をクリックすると表示されるフォームをご利用ください。


ルールに関する質問・疑問はこのフォームをご利用ください。
ご質問と回答はQ&Aとしてwebページに掲載させていただく場合があります。