『箱館戦争ソリティア』AAR: 1869年5月

いよいよ最終ターン。このターンを凌げば勝利する可能性があります。 何はなくとも陸軍に補給点がなければ敵を撃退できないので課税は仕方ありません。海軍には最低限の補給を与えます。これにより住民感情が悪化し、威信が7に低下しました。なお、収入は全て補給点に交換したために現金はありません。宵越しの金は持たない(ゲーム終了時の残金は勝利条件に関連するのですが、そもそも五稜郭が陥ちれば終わってしまいます)。 …

『箱館戦争ソリティア』AAR: 1869年3-4月

本日は土方歳三の命日だそうです……本当は箱館戦争が終わった17日に発行したかったのですが、間に合いませんでした。21日より販売開始予定なので、しばしお待ちください。 さて、ガルトネルに箱館を売り払ってしまった蝦夷共和国政府ですが、イギリスからの石炭プレゼントと見国隊の来援もあり、懐に多少の余裕が出ました。そこで3月は徴税しませんでした。 新政府軍の艦隊は宮古湾から青森へ移動、これに呼応するかのよう…

『箱館戦争ソリティア』AAR: 1869年1-2月

土方が鬼にならぬなら榎本が、とばかりに様々な新税をつくり、蝦夷共和国政府は住民から金を巻き上げます。陸軍・海軍ともに補給ポイントは6で残金は2。 正月早々、プロイセンの貿易商ライノルト・ガルトネルが、箱館府と結んだ七重村開墾条約の再締結を榎本たちに要求してきました。プレイヤーはこれを突っぱねることも、住民感情の悪化と引き換えに受け入れ、金を得ることもできます。 「箱館売ります」 どうせ住民感情は悪…
1 2 3 18