1808

フリートラントの戦いに敗れ、プロイセンとロシアが脱落、第一次対仏同盟は崩壊した(ここまでもったのが驚きである)。 プロイセンの脱落によりイギリスは経済的に困窮し始める。セルビアでの戦争に敗れたが(皇帝退位レベル-1)、マルタ島で取り返す(皇帝退位レベル+1)。しかし小戦争に10ポンドも投じたため、国庫がすっからかんに。 行ける場所がなかったイギリス軍は初めてスペインに侵攻するも、ナポレオンの待ち伏…

1805年──フリートラントの戦い

ゲームマーケットの準備のため、間が空いてしまってすみません。 1800年、アミアンの和約でピットが退陣を迫られ、融和派のヘンリー・アディントンがボナパルトと講和してしまう。その影響により1ターンの間、イギリス軍が行動できなくなった。ヨーロッパでの展開に期待が持てなかったが──実際、ナポレオンの戦略的奇襲でBUT国がスペインになったため、3カ国支配の条件を満たせなかった上に、戦闘そのものが起こらなか…

ナポレオン戦争ソリティア: 第4ターン(1799年)

興が乗ったのでさらに1ターンやってしまいます。 このターンも圧勝かと思いきや、クソッタレのボナパルトめ!! 1799年、第二次対仏大同盟はフランスを締めつけ続けていた。コルフ島での戦いに勝利を収め(4ポンド投入)、メッテルニヒはラインハルトをドイツから排除した(2ポンド使用)。 なお、コルフ島の戦いは将来的にロシア侵攻に影響する。予算的に厳しいようなら負けても構わない(ロシア軍ユニットをディレイす…