1814

『ナポレオン戦争ソリティア』はやや難易度が高いゲームです。21氏がこちらの日記を書かれている時点で2勝8敗。今シーズンのヤクルトよりも低い勝率ですが、私もだいたいそのくらい。理由はいろいろありますが、ソリティア・ゲームにつきものの偶然の要素(対戦ゲームなら相手が決断する必然の要素)に左右されるところ大だから。特に対仏同盟軍が兵力展開した後で移動するナポレオンに翻弄される。しかし、それこそ戦略の天才…

1808

フリートラントの戦いに敗れ、プロイセンとロシアが脱落、第一次対仏同盟は崩壊した(ここまでもったのが驚きである)。 プロイセンの脱落によりイギリスは経済的に困窮し始める。セルビアでの戦争に敗れたが(皇帝退位レベル-1)、マルタ島で取り返す(皇帝退位レベル+1)。しかし小戦争に10ポンドも投じたため、国庫がすっからかんに。 行ける場所がなかったイギリス軍は初めてスペインに侵攻するも、ナポレオンの待ち伏…

1805年──フリートラントの戦い

ゲームマーケットの準備のため、間が空いてしまってすみません。 1800年、アミアンの和約でピットが退陣を迫られ、融和派のヘンリー・アディントンがボナパルトと講和してしまう。その影響により1ターンの間、イギリス軍が行動できなくなった。ヨーロッパでの展開に期待が持てなかったが──実際、ナポレオンの戦略的奇襲でBUT国がスペインになったため、3カ国支配の条件を満たせなかった上に、戦闘そのものが起こらなか…